レンタル着物で楽しく散策

着物レンタルをする前に!着物を汚してしまいがちなシチュエーションに注意

着物レンタルをする前に!着物を汚してしまいがちなシチュエーションに注意 成人式や披露宴に招待された時など、着物レンタルをする人は多いでしょう。
しかし着物レンタルをした場合、着物を汚さない様に気を付けなければなりません。
着物を汚してしまう可能性のあるシチュエーションは、成人式などの後に、友人や家族らと喫茶店でお茶をする場合です。
成人式などのイベントが終わった後は、緊張がとれてリラックスしていますので、うっかり食べ物やコーヒーなどを着物にこぼしてしまう事があるので、注意が必要です。
車の中で、ジュースなどを飲む時も、車が急ブレーキを踏んだ時など、こぼしやすいので気を付けましょう。
また女性は、生理中の時も気を付けなければなりません。
着物の時は、トイレに行くのが大変です。
長時間トイレに行かないと、血液が着物についてしまう事があるので気を付けましょう。
普段は中々着る事の少ない着物です。
シミを付けてしまうと、追加料金を取られてしまう可能性もありますので、気を付けなければなりません。

着物レンタルをしているときの食事に警戒

着物レンタルをしているときの食事に警戒 観光地に旅行に行ったときや、和装が求められる集まりのときに手軽に利用できるのが着物レンタルです。
着物レンタルを取り扱う店舗ではかなり豊富な量の着物から好きなデザインや色のものを帯や草履と自由に組み合わせることができ、着付けやヘアセットなども合わせて仕上げてくれるのが最大の魅力といえます。
しかし着物レンタルをしている間に最も気を配らなければならないのは食事の場面です。
私物ではなく、レンタルをしているものなので、食事中に汚れやシミがつくようなことは避けるように警戒しなければなりません。
着物は普段着慣れないものということもあり、袖が食卓につきやすいデザインであることや帯を締めていることで前かがみになってものを取るために腕を伸ばすといった動きが自然と増えることで、汚れが付きやすいというリスクも格段にあがります。
また観光で街歩きをしている時にも出店などで食べ歩きをすることが多く、着物を汚しやすい場面にあるといえます。
レンタル会社としても多少の汚れやシワなどは許容範囲ですが、普通にクリーニングしただけでは取れないような油染みや汚れを着物につけてしまった場合にはクリーニング代を別途請求するところもあるため、無駄な出費を避けるためにも食事のシーンでは細心の注意を払うことが望ましいです。